2010年05月21日

「ひきこもり」多くが精神疾患 3分の1は「薬物治療必要」(産経新聞)

 就学・就労などを避け、家から出てこない「ひきこもり」の若者を厚生労働省の研究班が調査したところ、専門施設に相談してきた「ひきこもり」に悩む人の3分の1が、統合失調症など薬物治療を必要とする精神疾患を抱えていたことが19日、分かった。他の相談者も何らかの精神疾患を抱えていた。

 また、研究班は同日、ひきこもりの長期化を防ぐためには、できるだけ早く当事者が専門機関に相談・受診することが重要などとする「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」を公表した。

 調査は平成19〜21年度に行われ、精神科医ら専門家が在籍する全国5カ所の精神保健福祉センターに、16〜35歳までのひきこもり本人が直接相談にきた184件を検討した。

 その結果、診断が確定した149件のうち、49件が統合失調症や不安障害、気分障害など薬物治療が必要とされる精神疾患だったことが判明。さらに48件が広汎性発達障害や精神遅滞と診断され、51件は専門家のカウンセリングなどが治療の中心となるパーソナリティ障害や適応障害などだった。残る1件は前記3分類にあてはまらなかった。

 今回の調査結果を受け、厚労省は「診断や治療を受けないまま、症状を悪化させる恐れがある」として、ひきこもりの背景に精神疾患があるケースが多いことを明確化。ガイドラインでは現在全国の約26万世帯でひきこもりの子供がいると推計し、ひきこもりの長期化を防ぐため、できるだけ早く当事者が専門機関に赴いて受診をすることが重要とした。専門機関は長期的な関与を続け、精神疾患の有無を判断すべきだとしている。

【関連記事】
49歳以下の100人に1人が経験 大人の引きこもり
顔の痙攣でひきこもり状態、手術で復帰 女優・高樹澪さん
働く若者を増やさないと
昔は不登校、今は仕事の挫折で…ひきこもりの高齢化
40歳でゲーム漬け…ひきこもりも高齢化 人格固まり抜け出せず
中国が優等生路線に?

無登録旅行業者チラシを小学校が配布 「ツアー中止」返金されず保護者被害(産経新聞)
覚せい剤1.3キロ飲み込み密輸=ナイジェリア人逮捕―成田(時事通信)
ニセ女医、大臣印鑑など偽造容疑で再逮捕(読売新聞)
「望まれる在宅看取りの条件」、ケアマネらが勉強会(医療介護CBニュース)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
posted by オグマ エイコ at 23:58| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

[事業仕分け]金澤理事長、肩を落とす(レスポンス)

事業仕分け後のインタビューで、自動車事故対策機構(NASVA)の金澤悟理事長は「まったくわかってもらえなかった」と肩を落とした(27日)。「嘘つき」呼ばわりされたことや、自動車アセスメントの廃止判断が5人もいたことには特にショックを受けたようだ。

[関連写真]

インタビュー冒頭、金澤理事長は「仕分け人に理解されなかったというのは、我々の説明が悪かったのかもしれない」とつぶやいた。

安全指導の民間委託シフトについては覚悟ができていたようだが、自動車アセスメント事業に対しての風当たりが非常に強かったことは想定外だったらしい。

「廃止の判断が5人も出てくるとは思わなかった」、「事業内容を理解しての判断だとしたら悲しいとしかいえない」と言葉少なめ。

先日開催された東京・秋葉原でのイベントの際には「JNCAPが国民に対して必要な事業ということを淡々と訴えに行く」と話していたが、「嘘つき」呼ばわりされ、廃止の判断すら一部でされた。

「事業仕分けはパフォーマンス」と以前から揶揄されているが、横柄な態度で語る枝野大臣ら仕分け人の姿を見ていると、「国民のために」という言葉が4日間1200万円でレンタルしたという会場に虚しく響く。

《レスポンス 石田真一》

【関連記事】
[事業仕分け]公然と嘘つき呼ばわり
[事業仕分け]5人が自動車アセスメントの存在価値を認めず
【JNCAP】NASVA金澤理事長「必要な事業と訴える」
【JNCAP】自動車アセスメントも事業仕分け対象に
【JNCAP】2009年度後期分の評価試験を報道陣に公開

<どろめ祭り>観客息のむ酒1升11.4秒一気飲み 高知(毎日新聞)
火山噴火 日航、全日空が欧州便再開 旅行客らで成田混雑(毎日新聞)
破壊された両さん像の修復完了(産経新聞)
<口蹄疫>周辺4県影響 競りや催し中止続々 九州(毎日新聞)
<地域政党>「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
posted by オグマ エイコ at 10:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

裁判員制度「合憲」 初判断「国民参加は許容」 東京高裁(産経新聞)

 裁判員制度の違憲性が争点となった中国籍の男の控訴審判決が22日、東京高裁で開かれた。小西秀宣裁判長は「憲法は下級裁判所の構成を直接定めておらず、裁判官以外の者を構成員とすることは禁じていない」として、裁判員制度を合憲と判断した。その上で、懲役18年とした1審宇都宮地裁判決を支持、被告の控訴を棄却した。裁判員制度を合憲とした判断は初とみられる。

 裁判員制度の違憲性が争点とされたのは金銭トラブルから知人の中国人男性=当時(30)=を刺殺したとして殺人罪などに問われた中国籍の整体師、付佳男(フ・ジャナン)被告(26)の控訴審。弁護側は「憲法は司法権の担い手として裁判官のみを予想して設計されている。裁判員制度は、憲法の予想しない制度で、被告の裁判を受ける権利が侵害されている」として裁判員裁判の元で判決が言い渡された1審の違憲性を指摘していた。

 小西裁判長は、「憲法が裁判官を下級裁判所の基本的な構成員に想定しているのは明らかだが、構成については直接定めていない」と指摘。旧憲法の「裁判官の裁判を受ける権利」と異なり、現行の憲法が「裁判所における裁判を受ける権利」を保障していることから、「国民の参加した裁判を許容し、排除するものではなかったことが明らかである」とした。

 その上で、「公平な裁判を行える裁判員を確保するよう、資格要件などが規定され、適正な手続きで裁判が行われており、被告の権利を害してはいない。(参加を義務づけられた)国民の負担も必要最小限のものと評価できる」などと結論づけた。

コンビニで戸籍謄抄本、政府IT戦略最終案(読売新聞)
ネット選挙 解禁範囲の議論始める 与野党協議機関(産経新聞)
新規事業、届け出制に緩和=来年10月に施行−郵政改革法案骨子(時事通信)
ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ(産経新聞)
大阪・八尾でひき逃げ 男を逮捕(産経新聞)
posted by オグマ エイコ at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。